副業してるってなんでバレるの?バレたらどうなる?
PR

近年、仕事をちゃんとしていても趣味に使うお金が足りない、遊ぶお金がない等という声をよく聞きます。

そんな中、会社に勤めながら副業をする方も増えていますが、副業を禁止している会社も多くあります。バレない方法はあるのか、バレる理由やバレた際のリスクなど、副業の心得を紹介するとともに、副業をするにあたって知っておきたい税金の基礎知識も説明していきます!

 

副業してるってなんでバレるの?バレたらどうなる?

 

副業がバレる理由で最も多いのは…

 

住民税の金額。

副業がバレた人の中で一番多いのがこの「住民税の金額」です。

 

住民税は、前年度の所得を合算したものに税率を掛けて決まります。住民税決定通知書は給与を一番多く支払っている会社に通知される為これがきっかけで会社にバレてしまうことが多いそうです。

でも、副業で給料が手渡しなら大丈夫なのでは?という声が上がると思いますがこの場合も同様で、給料の渡し方で住民税が変わることはありません。

 

では、副業をしている事が会社にバレてしまった場合どうなるのでしょうか?

 

会社で副業が禁止されている場合、就業規則で副業についての禁止事項や許可制度などが記載されていることがほとんどです。

そのため一番最初に、嘘をついたことにより信頼をなくす。というリスクがあります。厳しいところですと減給や懲戒処分の対象となる可能性もあるでしょう。

 

しかし、副業禁止の会社でも副業をしていい時間があるのです。

実は、会社の仕事がない休日や就業時間外の副業を禁じる事は、法的には無効となります。副業をしたという理由だけで解雇するなどの罰則も、効力を持ちません。これは労働基準法で、本業に支障をきたさないなどの理由がない限り、就業時間外において労働者を不当に拘束することが禁じられている為です。

ただ、就業規則を破って副業をするのは、リスクを伴うことがあると理解しておくといいでしょう。

 

会社に副業がバレない為にできる事。

 

では、会社に副業がバレない為に出来ることを見ていきましょう。

副業は住民税決定通知書によってバレることが多いことをお話しました。住民税決定通知書によってバレないようにする為には副業の確定申告の際に、住民税の徴収方法を「普通徴収(自分で納付)」にする。

これをする事により、住民税の納付書が自宅に送付され会社が受け取る住民税決定通知の額に変動が無くなるので住民税決定通知で副業がバレることがなくなるのです。普通徴収に変更したい時は、確定申告又は住民税の申告時に、書類にあるチェック欄から「自分で納付」を選択します。

 

ただ、バイトなど給与所得となる副業ですと、特別徴収になります。また、多くの自治体では「特別徴収(給料から天引き)」を推奨しており、普通徴収を希望していても特別徴収にされてしまう可能性があり、市区町村によっては普通徴収が出来ない場合もあります。絶対バレない方法では無いので気をつけましょう。

 

会社にバレない副業はあるの?

 

先程書いたように、アルバイトでの副業ですと給与所得となってしまうため特別徴収になりすぐにバレてしまいます。

ではバレない副業としてはどんな仕事があるのか。まず最初に【アフィリエイト】です。普段は本業の会社に勤務しながら家に帰った後などにするアフィリエイトは比較的バレにくいです。

アフィリエイトをする為に作成するブログには住所や氏名などは必要ない為、ネットで名前を検索されて出てこない限りバレることはないでしょう。そして、アフィリエイトもハンドメイドも雑所得になりますが、雑所得は損失を申告しても他の所得と損益通算ができません。雑所得内でなら確定申告の際に内部通算が可能なため、副業をかけ持ちするのもメリットがあります。

 

会社にバレない副業は?

 

結論を出すと、インターネットでの在宅ワークがおすすめです。

 

今ではクラウドソーシングサービス等、インターネット環境があれば可能な在宅ワークを扱っているサイトも多くなって来ている為、本業の合間を縫って自分のペースで仕事が出来る在宅ワークはとても魅力的です。

自分の得意分野や本業に関わっている分野などをしていくことにより更なるスキルアップにも繋がるでしょう。

また、普段からブログを運営している方であれば、アフィリエイトで収入を得る方法や、手先が器用な人であればハンドメイドなどをメルカリなどのフリマアプリで販売し収入を得る方法もあります。しかし、ハンドメイドであると材料費や初期費用、時間もかなり掛かってしまう為売れ行きによってはマイナスになってしまう可能性もあるので他の副業と一緒に掛け持ちしてみてはいかがでしょうか?

PR