XMtradingの必需アイテム MT4スマホアプリのご紹介
PR
こんにちは。ぬるぽです。
今回はXMtradingの必需アイテムと言っても過言ではないアプリのご紹介をしていきます。

XMtradingのスマホアプリがある

XMtradingは、iPhoneやタブレットなどのiOSの端末やAndroidのスマホやタブレットなどにアプリがありに口座の開設や取引、出金などもXMTradingのアプリで行うことができます。

なので外出中にもスマホで簡単に取引をお行うことができます。

XMtradingアプリを入れてみよう

XMtradingのアプリはMT4スマホアプリという風に言います。インストールの方法は普通のインストール方法と何も変わりません。Iphoneならアップルストアでという感じです。

MT4とMT5の違いは?

インストールはとても簡単にできると思うのですがインストール後に二つの選択肢から一つを選ばなければなりません。「MT4」か「MT5」かです。大体の要素は同じですが少し異なる部分があるので説明させて頂きます

まずXMTradingの「MT4」には、時間足が9種類あり、インジケーターやEA、対応FX業者が多い傾向にありますが、速度は普通です。一方「MT5」は、時間足が21種類あり、インジケーターやEA、対応FX業者はMT4より少ないですが、速度が速いです。

「MT5」は「MT4」の新しいバージョンなんです。しかし新しいからこそ「MT4」にある良い業者などが移動していません。なので現段階では「MT4」のほうをお勧めしていますが自分の目的や好みにあったXMTradingの種類を選び、ダウンロードしてみましょう。

XMTradingのスマホアプリの使い方

前の項目では、XMTradingのMT4のインストール方法、MT4とMT5の違いについてご紹介しました。続いて、XMTradingの実際の使い方についてご紹介します。

アプリを開いて口座にログインする

このアプリはXMで口座開設をしているのが前提条件なのでしていないという方はまずはXMの口座開設をしてくださいね。

最初のステップではXMの口座とアプリを繋げます。「設定」をおして「既存のアカウントにログイン」を押すことによってできます。

必要事項を入力する

XMTradingのサーバーを選択します。サーバーは届いたメールに記されています。メールに記載されている中からどれか選びましょう。後はXMTradingのIDとパスワードを入力するとログインが完了します。

XMTradingのスマホアプリで取引をする

XMTradingのMT4アプリで実際に取引をする方法、アプリの使い方を説明していきたいと思います。

通貨ペアを追加する

 

まずはじめに、画面左下の「気配値」をタップしたら、右上の「+」のボタンをタップし、シンボル追加の画面から、ドル、円やユーロなどの通貨を追加します。ドル、円、ユーロドルはForex3に入っています。

通貨名は、主にUSD(アメリカドル)JPY(日本円)EUR(ユーロ)GBP(ポンド)CAD(カナダドル)NZD(ニュージーランドドル)AUD(オーストラリアドル)などがあります。

実際にトレードをしてみる

主な設定はこれでOKです。次に新規成行注文をしましょう。新規成行注文とは簡単にいうと新しくトレードを始めることを言います。トレードのボタンを押すと注文の画面に進みますので、取引を行いたい通貨ペアを選び、注文画面に進んだら、「取引数量」を設定し、「売り又は買い」を選択すれば、新規の注文は完了します。

最後に

XMtrdingのアプリ実際に使えそうでしょうか。設定も簡単にでき取引もスマホで簡単にできるのでお勧めです。

私自身もこのアプリをいれています。私の場合はEA(自動売買)なのでスマホで取引はしないのですが、ちょくちょく今どんな感じだろうかとみている感じです。

XMtrading、MT4の良いところはやはりEA(自動売買)です。私は少し前にEAを始めたのですが先月の利益は約4万円でした。もちろんこれがEAの基準となるわけでもないので先月の利益だけで判断してはいけませんがEAはFXをやる上での一つの選択肢なので知識だけでも知っておいたほうが良いかもしれません。

ここにEAのことが詳しく書かれている記事を貼っておきます。覗いてみてください。

ぬるぽがプロニートになったFX自動売買のEA@完全放置

最後までみてくださりありがとうございました👋

PR