副業FXで失敗する人に共通しているものとは?
PR

今後の各企業による副業解禁によって、FXを副業として考えている方は少なからずいると思います。ただ、何も考えずにFXを始めてしまうと最初はビギナーズラックで稼げるかもしれませんが、その後は段々と損失が膨らむ可能性が高くなります。

FXでは、ビギナーズラックが続くほど甘いものではありません。今まで順調に重ねてきた利益が、ある日あっという間に失ってしまう=失敗してしまう事があるのです。

そのため、FXでは慎重なトレードが求められますが、事前に失敗事例を抑えておく事によって、今後FXで利益を稼ぐ事が可能になるため、今回の記事では副業FXで失敗する人に共通している事について説明します。

副業FXで失敗する人に共通していること

ここからは、副業FXでいくつかある失敗事例について説明していきます。

損切りルールが守れない

FXには、損切りといって損失が膨らんできてこれ以上はマズイという所になったら自分で損を切る=損失が確定させる方法があり、この損切りを行う事によってリスクを最低限に抑える事が可能です。

ただ、FXでは損失が発生している状況でも、

まだまだ大丈夫
これから反転するはずだ

などという理由から、中々損切りを行う事が出来ず、その結果どんどん損失が膨らんでしまうケースが多々あります。そして、損失が膨らみ過ぎるとFXから退場する可能性があるのです。

そのため、副業FXで失敗しないためにも、損失が膨らんできたら一旦損切りを行い、リセットして次のトレードに繋げる必要があります。

無計画なトレードを行ってしまう

FXは小資金からでも始める事が出来るため、

とりあえずやってみよう
何とかなるだろう

という感じでトレードを始めてしまう方が少なからずいます。もっとも、最初の内はそれでも勝てるかも知れませんが、無計画なトレードを続けてしまうと徐々に損失が増えてくる可能性が高くなります。

そして、無計画なトレードを続けていくと、為替相場に突然の大変動が起こった場合に対処する事が困難なため、結果大きな損失を出してしまう可能性があるのです。

そのため、FXではしっかりとしたトレード計画を立てて、その計画に沿ってトレードを行う事が重要になります。

資金管理を行っていない

FXでは、FX口座に預けた証拠金に対してレバレッジを掛ける事よりトレードを行う事が可能です。そして、高レバレッジでうまくトレードする事が出来れば、短時間で大きな利益を稼ぐ事が可能です。

ただ、資金管理を行わず常に高レバレッジでトレードしてしまうと、大きく稼げる可能性はあるものの、その反対にあっという間に証拠金が無くなる可能性があるのです。

副業FXで稼ぐためには、こういった資金管理も重要であり、資金管理を疎かにしていると失敗する可能性が高くなるため、手持ち資金に対して常に余裕のあるトレードを行う必要があります。

そんな知識も経験も不要でプロのトレーダー兼エンジニアが作ったEAを導入することで全ての時間やお金を

短縮することができる。FXの自動売買EAは下記でご紹介しております。

PR