PR

最近は国内FX会社よりも人気が高い海外FX会社。その海外FX会社の中でもここ数年で頭角を現してきて現在では人気上位に君臨している

XM Trading

ですが、複数の日本人サポートや各種ボーナス制度などで自社顧客獲得の増加を目指しているようです。

ただ、日本国内のFX会社とは異なり、XM Tradingは海外FX会社になるため、そこには色々な危険があると思っている方は少なからずいると思います。

もっとも、XM Tradingを含めた海外FX会社は日本の金融庁や関係各所の影響が及ばないため、危険があると思う事は仕方ありませんが、今回の記事で取り上げるXM Tradingはどのようなところが危険なのか?について説明します。

XM Tradingが危険だと思われる理由

ここからは、XM Tradingが危険だと思われる理由について、いくつか説明していきます。

XM Tradingは日本の金融庁に登録していない

日本国内のFX会社の場合、金融庁への登録が義務づけられており、金融庁へ登録していないFX会社は業務を行う事が出来ないのです。

これに対して、XM Tradingを始めとした海外FX会社は基本的に拠点が海外のため、日本の金融庁には登録していない=金融庁から見れば非推奨のFX会社になるとともに、XM Tradingは金融庁から無登録業者として警告を受けています。

そのため、取引や出金トラブルが発生した場合でも、日本の金融庁の影響が及ばないため、その解決が難しくなる可能性がある=危険と言われている理由の1つです。

XM Tradingは完全信託保全ではない

この完全信託保全とは、自社顧客の資金(証拠金)を全て金融機関の信託口座へ入金して管理するシステムの事です。

そして、日本国内のFX会社では、この完全信託保全のシステムを採用している会社が多くなっているため、万が一FX会社が倒産しても顧客の資金は守られる事になります。

ただ、XM Tradingはこの完全信託保全のシステムを採用していないため、万が一XM Tradingが倒産した場合には顧客の資産が守られない=全資産を失うリスクがあるため、これもXM Tradingが危険だと言われている理由です。

もっとも、XM Tradingでは、顧客の資産と経営資産は別々に管理(海外銀行)しており、万が一XM Tradingが倒産した場合でも顧客の資産は別で管理されているため、全資産を失いというリスクは少ないです。

しかし、完全信託保全ではないため、顧客の資金管理という面においては、少なからずXM Tradingには危険があると言えます。

そんな知識も経験も不要でプロのトレーダー兼エンジニアが作ったEAを導入することで全ての時間やお金を

短縮することができる。FXの自動売買EAは下記でご紹介しております。

PR