FX 初心者 基本を学ぼう 私のやり方も紹介中
PR

FXには多くの専門用語があります。一体どこから勉強したらいいんだと思う気持ちよく分かります。でも安心してください。

FXの専門用語はそのなかでもさらに専門用語となるものがほとんどです。FXをやるうえにあたってこれは絶対覚えて覚えておくべきというというのはごくわずかです。あとはFXの中でどの分野に進むのかがあなたの中で自然と決まっていきその分野の単語もほぼ自然と入ってくると思います。

それでは初心者がFXをする上で覚えておくべき用語を解説していきます。

◆レバレッジ

レバレッジというのは簡単に言うとてこの原理のようなものです。例えば10万円の資金を証拠金として出します。そうするとその資金の日本のFX会社だと25倍の資金で取引ができます。なので少額しか持っていなくても大きく資産を増やすことも可能なんです。

ですが注意しなければいけないのが負けた時です。負けた時も同様にレバレッジがかかっているので大きな損出を出してしまう可能性があります。

◆スプレッド

スプレッドとは通貨を買う時の値段と売る時の値段の差の事を言います。

FX会社では売値と買値で微妙に違う値段を提示しています。

つまり取引するときに少額ですがお金がすり減ります

これがFX会社に支払われる手数料のような感じです

買値をAskと、売値をBidと表示していることも多いの軽く覚えておきましょう。

AskとBidの差が小さい事を「スプレッドが狭い」と言い、差が大きいことを「スプレッドが広い」と言います。

当然スプレッドが狭い方がトレーダーが支払う手数料が少なく有利になります。

しかし、スプレッドが広い代わりにサービスが充実していた李、ボーナスが多かったりします。そこはきちんと見て自分が良いなと思ったFX会社にすることをお勧めします。

 

◆スワップポイント

FXでは日本より政策金利の低い国の通貨を保有することでスワップポイントと言う利益を得ることができます。

日本は世界でも有数の低金利国であり、ほとんどの国が日本よりも政策金利が高いです。

これを利用して利益を得るのも方法の1つです。うまく保有していればコツコツと資金が増えていきます。

注意しなければならないのが、マイナスのスワップポイントを保有してしまうと、逆に資金がマイナスになっていってしまいます。

しっかり勉強してから取り組むことをお勧めします。

◆ロスカット

日本の証券取引だと多くの会社がこれを取り入れています。

資金がある一程度よりもマイナスになったときに破綻しないように強制的に取引をやめさせるものです。

私が使っているXMという会社のように、ゼロカットシステムというのも取り入れており、レバレッジをかけすぎたりして資金がマイナスになってしまった場合マイナスになってしまって分を証券会社が代わりに請け負ってくれるというシステムなどもあります。

私は難しいことを勉強していない

私が知っている知識は上に書いたのがほとんどです。

ですがFXで利益を上げています。

私はEA(自動売買)というのを使用しています。EAといのはプログラミングが勝手に取引をしてくれるというものです。なので、最初に設定したら後はほとんど何もしなくていいんです。

私が取引をするわけでもないので勉強もする必要もありません。これで私は先月何もせずに約4万円の利益を出しました。

私が使っているEAの特徴を話していきます。まず実績は、過去14年間ほぼ負けなしです。

過去14年間分の記録です。なかなかバックテストをしっかり出している業者さんは少ないのですが、ここはしっかり出してくれていたので使用している理由の1つです。

次にサクソバンク証券のEAコンテストで特別賞を受賞したヨッシーさん監修の元作られたという点です。

最後に無料というところです。

無料というと有料よりダメなんでしょと思われ他かもしれませんがそんなことはありません。

業者へのお金の入り方が違うだけなのです。

私はEAを実践していますがFXには色々なやり方があります。

ぜひ自分に合ったやり方を見つけてみてくださいね。

 

私が使用しているEAは、下記事にて詳しく書いております。

ぬるぽがプロニートになったFX自動売買のEA@完全放置

PR