海外FX業者様とFXにおけるリスク 管理人ぬるぽのXM MT4コラム
PR

こんばんは、今日は土曜日でFX取引がお休みしているので。

今回は「FX取引におけるリスクとは?」というテーマでお伝えします。

FXをやってみると、日本に限らず経済の事を良く知るようになります。
それまで興味を持つことがなかった普段のニュースにも目を向けるようになりました。ニュースに対して、この内容ならレートが動くかもしれないと考えるようになります。
金融経済を動かす一端を担っている気がして、真剣ながらも楽しくもありました。

FXの取引業者はXM以外に国内海外問わず色々な証券会社を使ってきました、ツールの使い勝手がそれぞれ違っています。
やはり分かりやすさは大手業者が一枚上手です。しかし取引業者様を選ぶに当たって、国内と海外の業者様では圧倒的な差があった。と言う事です。まずレバレッジ規制888倍。MT4(.EX4)、自動売買が使える(最近では国内のFX業者様でも使えるようになってきています。)極め付けには追証が無い。あまり書くと国内業者様批判になってしまうのでこれぐらいにします。また海外のFX仲介会社でも得体のしれない業者様があるのは事実です。そこで数々の取引業者様のを見てきた中でも。ちゃんと出金もできるし、1度も追証の支払い請求もない。(みなさんはここで本当のリスクを背負うのです)

あとFXを行う上で気を付けなければいけないのは、深追いしないことです。
最大利幅を取れるのが一番いいのですが、そればかりを追うと失敗の元となります。
利食いのタイミングをターゲットより少し前に置くのがコツです。
具体的には一方向に動きがあったときに、同じ方向にポジションを置くこと。そして、目標より10%から20%ほど手前で利確するのが基本的な戦略のポイントとなります。FXの世界で生き残るためには、リスクを出来るだけ負わないようにすることです。

具体的には大きな市場のイベントとも言えるアメリカの雇用統計の発表前には、出来るだけポジションを持たないなどです。資産的なことであれば、損切りのタイミングは自信で明確に決めておく必要があります。それは資産の数%でも、金額でもかまいません。
設定すようとする金額よりも大きな損失をするリスクも考えながら、設定しなければなりません。

今回は取引のリスクを重点的に説明いたしました。
得をするこもあれば、損をすることもあります。
得を如何に伸ばし、損を如何に抑えることが出来るかが、FXを長く続けるためのコツです。
まとめると、取引業者は本当に良い会社を選ぶこと。

利益確定はターゲットの一歩手前で、損切のタイミングもしっかり設定すること。
大きなイベント前には出来る限りポジションを持たないこと。
損失の許容金額を明確に設定することです。

レートの動きに一喜一憂しながらも、冷静にご自身の資産状況を見ていきましょう。
世界の経済を回すことを考えるより、自身の資産を回すことを考えるのが有益です。
まずは一度、利益をだしてその後、少しだけ損をすることを体験してみてください。

こちらから無料、口座開設が出来ます。

取引する際は入金して頂かないといけないですけれども、今、コチラからクリックして口座開設して頂くと、
ボーナスももらえます。

私が使用しているEAは、下記事にて詳しく書いております。

ぬるぽがプロニートになったFX自動売買のEA@完全放置

 

PR