国内FX業者の危険性について。危険?危ない?(ぬるぽFXEAブログ)
PR

皆さんはどこのFX業者を利用していますか?

国内には様々なFX業者が存在しますが、国内と海外にでは全く透明性が違います。

 

国内FXは取引が不透明?

国内の業者の取引方法で店頭取引というものを多く採用しています。

国内FXを利用してもがいかに投資しても、実際にその取引は投資する人の注文通りに行われていないのです。

利用するなら海外FX業者のほうがいい?

国内では店頭取引が多く採用されていると紹介しましたが、海外のFX業者では「ノンディーラーデスク/NDD取引」が多く採用されています。

近郷間の取引市場で本当に外貨を購入しています。

実際に毎回通貨の売買が自動でディーラー不要で行われます。

その代わり売買に対する手数料を収益としています。

そのため手数料が高かったりする傾向にあります。

 

実際に儲けるには取引量を増やす

質より量です。

海外業者の収入源はユーザーの取引手数料です。

そのため、投資家などに取引量を増やしてもらわなければ輸入が増えません。

投資家に取引量を増やしてもらうために様々な工夫を凝らしています。

勝率を上げるために「ボーナス」「コンテスト」「トレンド分析」「ウェビナー」「無料VPS」などなど、日本の業者には用意されていないサービスやツールを提供しています。

 

国内業者の儲け口

では日本の国内FX業者の収入源の仕組みはどうなっているのでしょうか?

国内FX業者はトレーダー(投資家)が損をすればするほどもうかる仕組みになっているのです。

国内FXではトレーダー(投資家)を負けさせよう様々な手を使ってきます。

・スリッページ(故意の)

・レートをずらす

・ロスカット狩り

・故意的なシステムダウン

などです。

海外の業者は透明性を重視しているのです。

そのためMT4といった共通のプラットフォームを採用しています。

しかし、国内FX業者は上記のような操作を行うため、自社が開発した独自のプラットフォームを採用しているのです。

そのため国内FXでは取引の不透明な状態が多いのです。

なんとなく、有名な投資家の人たちが国内から離れて海外で取引を行っているのかがいかにわかると思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?

国内のFXについて理解できたでしょうか?

決して国内が悪いというわけではなく、国内のFXではこのようなことが起きているということを理解してほしいです。

もちろん海外FXにもデメリットも存在するため、もし国内か海外か迷っているという方はもう少し調べてから行うようにしてみてください。

リーマンショックやアベノミクスでも耐え抜いた完全放置の自動売買はこちら!

PR